FC2ブログ

クレイドルとクリスタル

12月に、トランジット土星を受けて、私のネイタル(出生時)のホロスコープにグランドクロスが形成されましたが、
時を経て、現在クレイドルが形成されています
クレイドルとは、コンフィグレーション(複合アスペクト)の一つで、
幾つかの惑星で、いくつかのアスペクト(角度)を同時にとっている状態のことを言います。
どういう状況かと言うと、
同じコンフィグレーションであるヘキサグラム(六芒星)と言う、
60度間隔ずつ6ケ所に星が点在する配置があるのですが、
その半分の配置を言います。
半円形で60度ずつ4ケ所に星が点在している状態です。
別名 「ゆりかご型」 と言われています。
この状態の時には、何かあってもなんらかの援助が必ず差し伸べられると言います
私は、もともとこのクレイドルの1ケ所が抜けた配置があり、
そこにトランジット冥王星が現在来ています。
このクレイドルの他のポイントには、現在トランジットの木星もコンジャクションしていて、
なにやらおめでたい雰囲気が漂っています
2ケ月前の奈落の底に追いやられた時には、どうなることかと思いましたが、
考えたらわかることなのですが、人生悪いことだけではありません。
悪いこともあればいいこともある。
この場合言っている、悪いこと、いいことと言うのは、一見ですけどね。
もしかしたら、本質は反転しているかもしれませんけどね。
つまりは、一見いい風に見えることは、霊的成長にあまり貢献していなくて、
逆に一見悪い風に見えることは、霊的成長に貢献する、と言うことです。
しかし、これが全てではありません。。。
話を元に戻すと、このクレイドルは、
冥王星、木星は動きが遅いので、その影響が長く続くということです
そして、さらにもしかするとクリスタルという星の配置も同時に形成しているようです。
少しオーブは広くなりますが、頂点が太陽になります。
もともとのネイタルのホロスコープが、Tスクエアとメディエーション(オポジションに60度と120度の調停の星がある)が
重なっている配置で、クリスタルの1角抜けなので、そこにトランジットの冥王星が来ています。
トランジット天王星(占星術の星)が、ネイタル太陽に120度を長らく形成しているためか、
ここ最近よく星の情報収集をしていて、初めてクリスタルという配置を知りました
目的意識がはっきりしていて、自分自身に正直で高潔、誠実・・・と言います。
確かに、取り巻く環境は落ち武者の如く、ぱっとしていないと思いますが、
「武士は食わねど高楊枝」の如く、志高く、前向きです。
状況はどうであれ、人は気持ち次第でどうにでもなるなと改めて感じています。
大事なのは、自分が何を目指しているのか、何を大事にして行動に起こしているのか、ということだと思います。
お金があるとかないとか、社会的地位があるとかないとか、家柄がどうだとか、頭がいいとかどうだとか、
全く関係ありません。
こういうことを書くということは(分かるということは)、私自身そういうところに身を置いていたということですね
とにもかくにも、宇宙のバイオリズムに感謝して、
土星からもたらされた2ケ月前の心中嵐の如き状況からこうやって抜け出すことができたこと、
それは浄化の過程(断捨離)だったのだと感じていますが、
穏やかに過ごしています
さてと、「ゆりかご」状態に甘んずることなく、やることをやっていきますよ
WhiteMountain
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Masami

Author:Masami
星を求めて、あっちこっち。
流星群、南十字星、マウナケア、立山、ホロスコープにタロット、ギリシャまで。
人間とは?生命とは?宇宙とは?星の不思議に魅了されたMasamiの独り言。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード